カテゴリーを選択

× カテゴリーを閉じる

2018.1.21 / カテゴリー:INFO・お知らせ, FAIR, レンズアンドテクニック, SHOP INFO, 新入荷情報

HOYAの最新レンズ発売キャンペーン

こんにちはコバヤシです。
もうすぐ世界のスポーツの祭典が開催されますね。
テレビもハイビジョン高画質で最高の臨場感を味わいながら見れる時代
でもテレビが良くても見えなければ意味がない!

 

そこで今回は、見え方に関わるレンズのお話とお知らせをお伝えします。

 

ご年齢を重ねて、最近近くが見づらくなったと感じる方もいらっしゃるかと思います。

例えば
メガネをご使用中の方なら、
手元を見る際に眼鏡を外して見ないといけなかったり
メガネをご使用されてない方でも、
読むものを遠くに離して見ないといけなかったり。。。

 

このような見方をしている方には、
遠くはもちろんのこと近くも見やすくしてくれる
「累進レンズ」と言うものがあります。
いわゆる『遠近両用レンズ』と呼ばれているものです。

 

累進レンズとは、
簡単にご説明すると、レンズの上部から下部へ度数変化していくレンズです。
上部の遠用度数から下部の近用度数に向かって、
グラデーションのように度数が変化していきますので目線を上下することで、
「遠くからお手元まで見る」ことができる便利なレンズになります。

しかし、目の動きを想定し1枚のレンズに遠方から手元の距離に合わせた
度数を入れているため、周辺部にはどうしても度数が安定していない、
揺れ歪みの部分が出てきてしまいます。

 

故に、「視界が揺れる」など感じてしまい
敬遠してしまう方も多くいるかと思います。

 

大手レンズメーカーHOYAから、見え方や揺れを改善し
より快適な視界をお届けできる最新レンズが販売開始しました。
最新レンズキャンペーン
HOYALUX Welna(ウェルナ)

 ~2月末日 迄

従来の累進レンズと違い、
揺れや歪みを大幅に少なくし、広くクリアな視界で
見て頂けるよう、開発された最新設計レンズでございます。

 

瞳孔間距離(左右黒目の間の距離)も考慮に入れ、人間工学に基づいた独自の設計で
より快適な視界を提供し、ゆとりある生活を実現します。

 

遠くをしっかり見せて手元もフォローできる
常用としても最適な「遠近両用タイプ」

 

手元を広く、遠くも見えて、眼になじむ。

遠近両用と室内レンズのメリットを両立した「(中近重視)遠近両用タイプ」

 

デスクワークやリビングでのひとときを快適にし、
室内用ならではの見やすさが広がる「室内用タイプ」

 

さらにお客様それぞれのフレームやライフスタイルに合わせた最適な細かい設計も
当店で合わせてお調べし、ご提案させていただきますので
さらにご納得いただく見え方を感じて頂けるかと思います。

 

尚、ただ今こちらの最新レンズをご購入のお客様へ
通常のコーティングよりも傷や汚れに強い最高グレードのコーティングへ
またはカラーレンズにするオプションをいずれかを無料で
ご提供させて頂きます。

 

今まで掛けはずしが多く、使いにくく煩わしさを感じていた方など
こちらで快適にお過ごしいただけるのではないかと思います。

 

当店ではテストレンズも豊富にご用意しておりますので、
実際のお度数でお試しいただきながら
お客様とご相談の基、最良のレンズとお度数をご提案し、
正しいご使用方法など丁寧にご説明させて頂きます。

 

皆さまの生活をより快適に、
ぜひこの機会に、中原眼鏡へのご来店を
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

 

 

お在庫状況等、お問合せはこちらから

 

熊本県菊池郡菊陽町光の森2-29-5

D-Eye nakahara megane

(ディーアイ ナカハラメガネ)

(TEL)   096-340-2505

(OPEN)  10:30~19:30

(定休日) 水曜日

 

facebook

▲facebook 始めました。「いいね!」お願いいたします!

instagram

▲Instagram 始めました。フォローお願いいたします!

CATEGORY

D-Eye nakahara megane

〒869-1108
熊本県菊池郡菊陽町光の森2-29-5
TEL. 096-340-2505
営業時間 10:30〜19:30 水曜定休

  • D-Eyeの最新のフェア情報はこちら
  • D-Eyeの3年保証サポート
  • メディア掲載情報
  • CHIZU SELLEC
  • WEB CATALOG
  • LENS & TECHNIQUE D-Eyeで取扱うレンズのご紹介
  • facebook
  • Instagram
  • You Tube
  • LINE