カテゴリーを選択

× カテゴリーを閉じる

2018.2.18 / カテゴリー:OAKLEY(オークリー)

鹿児島マラソンにオススメ! ーOAKLEY Half Jacket 2.0ー

3月4日の“鹿児島マラソン2018”まで、あと2週間。

 

 

参加ランナーの方は着々と準備されていることでしょう。

体調管理に気を付けながら、大会当日まで頑張ってください!

 

 

さて、マラソン、経験者の方も初めての方もお持ちいただきたいのがスポーツサングラス。

 

一般的なサングラスより、ホールド力やレンズの性能に優れたスポーツサングラスはマラソンに断然オススメ。

ビギナーの方もプロの方にもオススメなOAKLEY(オークリー)のサングラスをご紹介いたします。

 

OAKLEY Half Jacket2.0

 

Brand :OAKLEY

Model : Half Jacket 2.0

Color :Mt BK/Red/BK Pola

Price :¥26,000(+tax)

 

偏光レンズ搭載のHalf Jacket 2.0(ハーフジャケット2.0)はD-Eye Kagoshimaオリジナルカラー。

ブラックとレッドカラーでカッコよくまとめました。

 

 

 

敢えて、マットブラックにすることで、高級感のある印象に。

つや有レッドのアイコンはワンポイント効果を高めています。

 

 

Brand :OAKLEY

Model : Half Jacket 2.0

Color :Pearl/Red/Prizm Road

Price :¥21,000(+tax)

 

 

こちらはマラソンなどに最適なレンズ、Prizm Road(プリズム ロード)搭載のカスタムモデル。

ラメの入ったPearl(パール)ホワイトフレームにレッドミラーのレンズ、そして、レッドのイヤーソックとこちらも人気カラーでまとめた1本。

 

 

横のラインもスッキリとまとめ、男女ともに掛けやすいカラーに仕上げました。

通常カラーではないカラーリングを特別にご用意。皆様が好きなカラーだと思います。

 

 

Brand :OAKLEY

Model : Half Jacket 2.0

Color :Team Red/BK/Grey

Price :¥18,000(+tax)

 

旧Half Jacketにあったカラーを再現したこちらのカスタムモデルは

以前からOAKLEYをご存知の方にとっては懐かしいカラーリングかも知れません。

 

 

レンズ交換が可能な2眼式タイプの名作Half Jacketが登場して16年。

その当時、画期的なシステムでOAKLEYの名を知らしめてたHalf Jacketの中でも

人気1位、2位を誇るカラーがこちらの組み合わせでした。

 

私自身も思い入れのあるカラーだったので、今回カスタムオーダーで再現いたしました。

是非、店頭でご覧ください。

 

 

D-Eye Kagoshima ORIKONO

 

 

商品やフェアのお問い合わせはこちらから

 

D-Eye Kagoshima (ディーアイカゴシマ)
鹿児島市呉服町6-5マルヤガーデンズ4F
(TEL)099-248-8889
(OPEN)10:00~20:00 

 

鹿児島でメガネ、サングラスなら
D-Eye Kagoshima(ディーアイ鹿児島)
マルヤガーデンズ4Fへ是非ご来店ください。


facebook instagram

 

2018.1.31 / カテゴリー:OAKLEY(オークリー)

OAKLEY 【The Harmony Fade Collection】限定入荷

スポーツサングラスの雄、OAKLEY(オークリー)より数量限定コレクションを入荷いたしました。

 

OAKLEY “The Harmony Fade Collection”

 

Brand:OAKLEY

Model:RADAR EV PATH

Color:Harmony Fade/Prizm Ruby

Price:¥30,000(+tax)

 

 

Brand:OAKLEY

Model:FLAK 2.0

Color:Harmony Fade/Prizm Ruby

Price:¥27,000(+tax)

 

 

Brand:OAKLEY

Model:EV ZERO PATH

Color:Harmony Fade/Prizm Ruby

Price:¥27,000(+tax)

 

 

OAKLEY最高峰レンズ Prizm(プリズム)のグラデーションをベースとしたカラーで仕上げた

数量限定モデルThe Harmony Fade Collection(ハーモニー フェイド コレクション)は

OAKLEYがアスリートへ敬意を表したアイテムとなっております。

 

 

 

 

 

フレームの2色グラデーションは

オレンジにアスリートが持つ情熱、イエローに太陽への尊重の意味を込めました。

 

勝敗よりも、アスリートの日々の努力・可能性・夢を尊重するメッセージが込められています。

 

 

 

 

レンズはPrizm Ruby(プリズム ルビー)を使用。

その外観と違い、景色を自然に見て頂けるレンズをベースにしているので

様々なスポーツにご対応いただけます。

可視光線透過率は約17%。

レンズの濃さはあまり気にならず、全天候でお使いいただけます。

 

 

数量限定カラー、この機会に是非店頭でご覧ください。

 

D-Eye Kagoshima ORIKONO

 

商品やフェアのお問い合わせはこちらから

 

D-Eye Kagoshima (ディーアイカゴシマ)
鹿児島市呉服町6-5マルヤガーデンズ4F
(TEL)099-248-8889
(OPEN)10:00~20:00 

 

鹿児島でメガネ、サングラスなら
D-Eye Kagoshima(ディーアイ鹿児島)
マルヤガーデンズ4Fへ是非ご来店ください。


facebook instagram

2018.1.17 / カテゴリー:OAKLEY(オークリー)

D-Eye Kagoshima OAKLEY(オークリー)”CROSSLINK XS” ”CROSSLINK HIGH POWER” 新入荷!!

 

OAKLEY CROSSLINKシリーズ 新モデル入荷!!

 

OAKLEYファンの皆様お待たせいたしました!

スポーツ用メガネとして絶大な人気を誇るOAKLEYのCROSSLINKシリーズに

「強度数の方向け」「お顔の小さな方向け」の新しいモデルが登場しました。

 

▲OAKLEY CROSSLINK XS 49□14 122 ¥13,000(+TAX)

 

小顔の方向けの“CROSSLINK XS”は、非常に小ぶりで

今まで大きすぎてクロスリンクシリーズに手を出せなかった方や

お子様にもおすすめのサイズ感。

 

テンプルは縦に曲げることもでき、よりしっかりとしたご調整も可能です!

 

▲OAKLEY CROSSLINK HIGH POWER 50□17 143 ¥16,000(+TAX)

 

こちらは度数のお強い方向けの“CROSSLINK HIGH POWER”。

レンズ面があまり大きくなく、カーブも浅いため

レンズの厚みが出にくいモデルとなっております!

 

52□17 143のサイズもあり、よりお顔やお度数に合わせた

最適なサイズをお求めいただけます。

 

ノーズの高さが4段階から選べるのも◎!

 

 

 

▲ 「CROSSLINK ZERO 58□16 138」 「CROSSLINK PITCH 56□17 135」

  「CROSSLINK HIGH POWER 50□17 143」 「CROSSLINK XS 49□14 122」 

 

従来のOAKLEY人気モデル、「CROSSLINK ZERO」や「CROSSLINK PITCH」と比べてみました!

 

レンズのサイズや横幅まで様々な種類が増え、

よりお一人お一人に合ったモデルをお選びいただくことが可能になった「CROSSLINKシリーズ」、

ぜひ一度、自分に合う1本をお探しにいらしてください!!

 

D-Eye Kagoshima HAYAKI

 

商品やフェアのお問い合わせはこちらから

 

D-Eye Kagoshima (ディーアイカゴシマ)
鹿児島市呉服町6-5マルヤガーデンズ4F
(TEL)099-248-8889
(OPEN)10:00~20:00 

 

鹿児島でメガネ、サングラスなら
D-Eye Kagoshima(ディーアイ鹿児島)
マルヤガーデンズ4Fへ是非ご来店ください。


facebook instagram

2018.1.10 / カテゴリー:初めてのD-Eye Kagoshima, OAKLEY(オークリー)

OAKLEY(オークリー)について ②   -2000s~2010s-

【OAKLEY(オークリー)】

 

 

2000年に行われたシドニーオリンピックで、サングラスを着用したアスリートが活躍したことを受け

日本でも一般の方々がスポーツでサングラスを掛ける方が多くなりました。

 

 

21世紀になってもオークリーはスポーツサングラス界を牽引していきます。

 

 

Brand : OAKLEY

Model : OVER THE TOP

 

アイウエアを再定義した時、オークリーはそれまでのスタイル、耳に掛けるのではなく頭を覆うスタイルの

ヒンジレスフレームを生み出しました。

 

△ATO BOLDON

 

2000年シドニーオリンピックでAto Boldon“Over the Top”をつけて4×100mリレー競技に臨み、銀メダルを獲得しました。

トップアスリートが記録を生み出した陰にはオークリーのテクノロジーの存在があったのです。

 

 

2002年、2眼式で初めてレンズ交換が可能なモデルとして登場した“Half Jacket”

このおかげでアスリートはどのような環境においても快適でプレーしやすい視界を確実に手に入れることが出来る様になりました。

 

 

 

Brand : OAKLEY

Model : Half Jacket

 

 

プロゴルファーAnnika Sorenstamは、トーナメントで数々のスコア記録を打ち立てて勝利を収め、

主要10トーナメントにおいてもトロフィーを獲得しています。

 

 

△ANNIKA SORENSTAM

 

彼女の偉大な記録の数々は、同じオークリーを愛用しているプロゴルファー宮里藍にも多大なる影響を与えています。

 

 

 

オークリーは今日に至るまでスポーツパフォーマンスに優れた製品の開発に情熱を注いできました。

2007年に登場した“RADAR”はあらゆる環境に対応できるレンズ交換可能なモデルとして、今もなおそのシリーズは

オークリーのトップセラーになっています。

 

 

Brand : OAKLEY

Model : RADAR

 

 

日本でも人気を誇ったRADAR。その知名度、人気度はイチロー選手によるものが大きかったと言えます。

 

△ICHIRO  SUZUKI

 

クリアな視界で砂ほこりや水を寄せ付けないハイドロフォビックレンズコーティングに加え、その軽さと掛け心地の良さで

野球のみならず、様々なスポーツに対応が出来るRADAR。

過去にはイチロー選手特別仕様モデルが発売されるなど、オークリーのアイコンとも言えるモデルになりました。

 

 

6度のアイアンマンワールドチャンピオンに輝かくNatascha Badmannが選択したのは

スポーツパフォーマンスアイウエアの進化系モデル“Fast Jacket”

 

 

Brand : OAKLEY

Model : FAST JACKET

 

 

独自のレンズ交換システム、スウィッチロック・テクノロジーはあらゆるシチュエーションで素早く、簡単にレンズ交換が

可能となったFast Jacketの登場により180.2kmに及ぶ自転車レースと42.195kmに及ぶマラソンレースと言う過酷な

戦いの中であらゆる条件に対応できるようになったのです。

 

 

 

 

△NATASCHA  BADMANN

 

 

2015年、“JAWBREAKER”の登場によって、オークリーのサングラスは一つの完成系を迎えます。

 

RADARのようなシールド型のレンズに、Racing Jacketのようにレンズ全体を覆うフレーム。

そして、頭の形状に合わせて調整が出来るステムにレンズ交換がクイックに出来るシステムを搭載した

JAWBREAKERはキャノンボールと異名を持つ自転車スプリンターMark Cavendishと共にありました。

 

 

 

Brand : OAKLEY

Model : JAWBREAKER

 

 

世界選手権、オリンピックでの数々のメダル、様々な自転車レースでの優勝。

それは、前傾姿勢でも広い視界を確保し、驚異的なプロテクション性能を併せ持ったJAWBREAKERが一役買ったに

違いありません。

 

 

△MARK CAVENDISH

 

 

アスリートの歴史、進化と共に歩んできたOAKLEY(オークリー)。

 

これからもアスリートと共に世界を圧巻していくことに間違いはありません。

 

 

D-Eye Kagoshima ORIKONO

 

 

商品やフェアのお問い合わせはこちらから

 

D-Eye Kagoshima (ディーアイカゴシマ)
鹿児島市呉服町6-5マルヤガーデンズ4F
(TEL)099-248-8889
(OPEN)10:00~20:00 

 

鹿児島でメガネ、サングラスなら
D-Eye Kagoshima(ディーアイ鹿児島)
マルヤガーデンズ4Fへ是非ご来店ください。


facebook instagram

 

2017.12.26 / カテゴリー:初めてのD-Eye Kagoshima, OAKLEY(オークリー)

OAKLEY(オークリー)について ①   -1980s~1990s-

【OAKLEY(オークリー)】

 

“OAKLEY(オークリー)”は1975年、ジム・ジャナードによってモトクロス・BMXのハンドグリップメーカーとして創設されました。

その後、ゴーグルの開発を経て、80年代にサングラスを主力商品としてアイウェア業界に参入し、

現在ではあらゆるトップアスリートを筆頭に世界中で愛されているブランドです。

 

 

 

1980年代、プロのアスリートはアイウエアに確固た性能を求め、オークリーはそれに呼応するように

アイウエアを単なるアクセサリーからスポーツに不可欠なギアの一つへ進化させました。

 

1983年に発表された“EYESHADE”は歪みのない正確な視界と快適な装着感を両立、

さらに筒状のレンズシェイプでクリアな視界と保護性能を提供する事に成功しました。

 

 

Brand : OAKLEY

Model : Eyesheade

 

 

 

アイアンマンワールドチャンピオンとなり、殿堂入りも果たしたScott Tinley(スコット・ティンリー)

愛用していたことも当時話題となり、オークリーの認知度が急激に上がった要因ともなりました。

 

 

 

△Scott Tinley

 

オークリーは常に可能性に挑戦し続けるアスリートに応えるように新たな性能やテクノロジーを開発してきました。

1986年に発売された“BLADES”はオークリー初のレンズ交換可能モデルとして、あらゆる光条件をコントロールする事が

可能となりました。

 

 

Brand : OAKLEY

Model : Blades

 

また、汗などの水分が加わることでグリップ力が増すUnobtainium®製(アンオブタニウム)のパーツが採用され

それまでのアイウエアになかった確実なフィット感を手に入れることができたのです。

 

 

BLADESを手に入れたTim Hovland(ティム・ボブランド)はそれ以降ビーチバレーの世界的トッププレイヤーの道を歩んでいきました。

 

 

 

△Tim Hovland

 

問題があればそれを解決するテクノロジーを開発し、さらに芸術の域まで高められたデザインで包み込む。

それはオークリーに刻み込まれたDNAです。

誰もが不可能だと考えることを実現するオークリーのテクノロジーに信頼を寄せたRickey Henderson(リッキー・ヘンダーソン)

“MUMBO”を愛用し、常にリーグ得点数首位記録、盗塁王、先頭打者ホームランと数々の記録を打ち立ててきました。

 

 

 

Brand : OAKLEY

Model : Mumbo

 

この記録はあらゆる角度からの視界の歪みを最小限に抑えるレンズテクノロジーを採用したMUMBOと共に打ち立てた

記録であるとも言えるでしょう。

 

 

 

△Rickey Henderson

 

 

 

 

一丸式レンズとして開発されたオープンエッジデザインの“ZEROS”はマウンテンバイク世界チャンピオンであり、

自転車競技の殿堂入りを果たしたJohn Tomac(ジョン・トマック)に遮るもののない広い視界と同時に

クリアな視界をもたらしました。

 

Brand : OAKLEY

Model : Zeros

 

 

この技術は快適な掛け心地を併せ持つSUB ZEROSの開発へと繋がり、現在オークリーが誇る超軽量アイウエアの先駆けとなりました。

 

 

 

△John Tomac

 

アクションスポーツには汗とスピードと言う2大要素が付きものです。

 

 

 

“Racing Jacket”は空気力学に元づいてフレームをデザインし、効果的なエアフローを得られるベンチレーションを配置しているので

大事な局面で汗やレンズの曇りに気をとられることがありません。

 

 

Brand : OAKLEY

Model : Racing Jacket

 

Racing Jacketを愛用した自転車チャンピオンGeorge Hincapie(ジョージ・ヒンカピー)は競技中の熱との戦いに勝利したものです。

 

 

 

 

△George Hincapie

 

 

 

80年代から90年代に活躍したトップアスリートとオークリーは切っても切れない縁でした。

それは00年代に入っても続き、さらに進化していきます。

 

 

OAKLEY(オークリー)について ② に続く

 

 

 

D-Eye Kagoshima ORIKONO

 

 

商品やフェアのお問い合わせはこちらから

 

D-Eye Kagoshima (ディーアイカゴシマ)
鹿児島市呉服町6-5マルヤガーデンズ4F
(TEL)099-248-8889
(OPEN)10:00~20:00 

 

12月31日(18時)まで営業いたします。

皆さまのご来店スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

鹿児島でメガネ、サングラスなら
D-Eye Kagoshima(ディーアイ鹿児島)
マルヤガーデンズ4Fへ是非ご来店ください。


facebook instagram

 

 

CATEGORY

D-Eye kagoshima

〒892-0826
鹿児島市呉服町6-5 マルヤガーデンズ 4F
TEL. 099-248-8889
営業時間 10:00〜20:00 不定休


旧ブログはこちら

  • D-Eyeの最新のフェア情報はこちら
  • D-Eyeの3年保証サポート
  • WEB CATALOG
  • LENS & TECHNIQUE D-Eyeで取扱うレンズのご紹介
  • facebook
  • Instagram
  • You Tube
  • LINE