カテゴリーを選択

× カテゴリーを閉じる

2022.4.15 / カテゴリー:INFO・お知らせ, FAIR

アシストレンズフェア開催のお知らせ 4月16日(土)~5月31日(火) 熊本 光の森 D-Eye nakahara megane

こんにちは!コージです。

 

桜が咲いたと思えば夏のような暑さが続き、

熊本らしいな・・・と思う毎日が続いていますが

皆様如何お過ごしでしょうか。

 

私は4月の明けに展示会のため東京へ行って参りました。

新作がどのブランドも素晴らしい仕上がりとなっておりますので、

6月に掛けて入荷次第続々とブログやインスタグラムでご紹介させて頂きます♪

 

ということで本日のブログは新年度にオススメなコチラのイベント!

 

アシストレンズフェア開催のお知らせ

 

4月16日(土)~5月31日(火)

 

期間中にアシストレンズを当店D-Eye nakahara meganeでご購入のうえ (姉妹店では開催しておりませんのでご注意ください!)

インスタグラムに上添付画像に記載のハッシュタグを付けて

眼鏡の写真をアップしていただいたお客様に

薄型加工、もしくはレンズオプション(ブルーライトカット、カラー、傷防止コーティング)をプレゼントさせていただきます!

 

 

 

「アシストレンズ」とは!?

 

 

近くを見るという行為、実は目が調整をして緊張状態になっているんです。


そんな近くを見て緊張状態が続いていると、とっても疲れてしまいます。

本を読む、パソコンをする。スマホを見る時間も長い
目に負担を掛ける行為の多い現代。

 

そこで今回オススメしたいのは
「眼のピント調節をやさしくサポートするメガネレンズ」=「アシストレンズ」なんです!

 

近視や遠視を補正する一般的な単焦点レンズは、
基本的に遠くを見ることを目的とした度数で合わせる設計がされています。

 

しかし、手元を見るときは、自分の持っている力を使い緊張しながら
ピント調整を行なっているので、この時間が長くなれば長くなるほど疲れが蓄積されます。

 

 

 

アシストレンズは手元の見え方(ピント調整)を助けてくれるだけでなく、最近では子どもの近視抑制の効果も期待されるとして、

各レンズメーカーや眼科医の方々がオススメしているレンズでもあります。まさに就学前のお子さまから40歳前後の方々まで幅広く使えるレンズなのです。

 

 

また、年齢を重ねる事により、遠近両用レンズや中近両用レンズなどの累進レンズに移行していく場合でも、

アシストレンズを事前に使っていることで慣れていきやすいというメリットもございます!

 


このようにサポートエリアを設け、手元を見る時にピント調整を補助。

ピントの調整を助けてくれるので眼の負担が少なく
長時間のスマートフォンやパソコンの作業も楽になります。

 

 

また、近視の方で遠くがしっかりと見たいのに手元がきつくなるからと
遠方の見え方をあえて弱くされてた方にもオススメなんです。
遠くがはっきりと見えるのに疲れないメガネが出来上がります。

 

 

【こんな方におススメ】

① 目の疲れを感じている方に。

② パソコンやデスクワークが多い方に。

③ 遠くの視力を1.0以上クッキリと併せたい方に

④ ふと近くを見た時に、ピントが合いづらい時がある。

 

※実際に見え方の体験もして頂けますので視力測定だけでもお気軽にご相談下さい。

 

皆さまのご来店心よりお待ち申し上げております。

CATEGORY

D-Eye nakahara megane

〒869-1108
熊本県菊池郡菊陽町光の森2-29-5
TEL. 096-340-2505
営業時間 10:30〜19:00 水曜定休

  • D-Eyeの最新のフェア情報はこちら
  • D-Eyeの3年保証サポート
  • メディア掲載情報
  • CHIZU SELLEC
  • WEB CATALOG
  • LENS & TECHNIQUE D-Eyeで取扱うレンズのご紹介
  • facebook
  • Instagram
  • You Tube
  • LINE