カテゴリーを選択

× カテゴリーを閉じる

2019.12.6 / カテゴリー:EYEVAN7285 (アイヴァン7285), SHOP INFO, 新入荷情報

”EYEVAN7285” 取り扱いスタート! 熊本 D-Eye nakahara megane 

こんにちは!「串カツの田中」の”肉吸い”を毎日食べたいタクマです!

 

”肉吸い”は大阪の芸人さんがお酒に酔った帰りに

締めで立ち寄ったうどん屋さんで

「肉うどんのうどん抜き」というギャグマンガの世界みたいな注文をしたのが発祥というのを

ネットで見て感銘を受けたこの頃でございます!

 

前置きが長くなりましたが

当店D-Eye nakahara meganeでEYEVAN7285の取り扱いがスタートいたしました!!!

 

※画像はEYEVAN7295公式HPより引用 https://eyevan7285.com/brand/

 

 

「着る眼鏡」をコンセプトとして、1972年にスタートし、1985年に世界進出を果たしたEYEVAN。EYEVANの商品は今も色褪せる事が無く

そのプロダクトや手書きの図面には生産者や職人の高い技術と当時のデザインチームの想像力と強い熱意を感じ取る事が出来ます。

約40年の時を経た2013年、新たなデザインチームがそのEYEVANのクラフトマンシップを引き継ぎ

自分たちが今、本当に美しいと思える物をかたちにしたコレクションがEYEVAN 7285です。


EYEVAN 7285のデザインソースは初代のデザインチームが収集した古い眼鏡や望遠鏡、手鏡、その他の古い道具や

デザイナー自らが目にした建造物などの人工物や自然や天然物など様々なモノです。
それらの膨大なデザインソースをブレンドし眼鏡というプロダクトに落とし込んでいます。

40年代に製造されたフランス製のフォークをソースとしたテンプル、70年代の視力検査枠の構造を取り入れたメタルフレーム

日本の古い寺院の唐草柄からインスパイアされた模様を配したパーツなどが、その考えを具現化したものです。

 

また、EYEVAN 7285の製品は、世界トップクラスの眼鏡生産地である福井県鯖江市の熟練した

眼鏡職人の手作業と最新の機械によるマシンメイドの複合した生産工程により作り出されています。

伝統的な製法と新しい製法を組み合わせて作り上げる眼鏡は、一見シンプルで何気ないデザインの物が多いですが

細部は非常に技巧的で、鯖江でも特に高い技術を持つ限られた職人の手作業による工程が多くを占めます。

約400工程もの作業を経て丁寧に時間をかけて作り上げる眼鏡は工業製品というよりも現代の工芸品と言えるものです。

 

私、藤井タクマも大好きなブランドの一つでございます!

 

そして明日、12月7日土曜日より

 

EYEVAN7285 2020年新作モデル販売スタート!!

※画像はEYEVAN7295公式HPより引用 https://eyevan7285.com/brand/

 

 

 

当日には店頭に並んでおりますので、皆様のご来店お待ちしております。

 

 

在庫状況等、お問合せはこちらから

熊本県菊池郡菊陽町光の森2-29-5
D-Eye nakahara megane

 

(ディーアイ ナカハラメガネ)
(TEL)   096-340-2505
(OPEN)  10:30~19:30 
(定休日) 水曜日



facebook
▲facebook 始めました。「いいね!」お願いいたします!

instagram
▲Instagram 始めました。フォローお願いいたします

 

2019年10月~2020年6月(キャッシュレス・消費者還元事業)

D-Eye nakahara megane(ディーアイ ナカハラメガネ)
5%還元の対象店舗です。

是非この機会にご利用ください。
対象決算手段など、詳しくはお問い合わせください。

 

 

CATEGORY

D-Eye nakahara megane

〒869-1108
熊本県菊池郡菊陽町光の森2-29-5
TEL. 096-340-2505
営業時間 10:30〜19:00 水曜定休

  • D-Eyeの最新のフェア情報はこちら
  • D-Eyeの3年保証サポート
  • メディア掲載情報
  • CHIZU SELLEC
  • WEB CATALOG
  • LENS & TECHNIQUE D-Eyeで取扱うレンズのご紹介
  • facebook
  • Instagram
  • You Tube
  • LINE