カテゴリーを選択

× カテゴリーを閉じる

2020.7.2 / カテゴリー:INFO・お知らせ, Staff diary, BCPC (ベセペセ), 子供用メガネ, omodok (オモドック)

子どもメガネ専門店 d-eye kids museum  お子様のメガネ ご相談ください。 熊本 光の森 D-Eye nakaharamegane

こんにちは。松岡です。

 

「たのしくなるメガネ」をコンセプトに
 こどものための「めがねセレクトショップ」

「d-eye kids museum」

 

d-eye kids museumはD-Eye nakahara meganeの2F。
階段は、気を付けてお上りくださいませ。

このような開放的な空間でゆっくりとメガネをお選びいただけます。

モニターでアニメを流したり、積み木や絵本など多くご準備しておりますので

ご兄弟でご来店いただいても大歓迎です。

たくさんのフレームをご準備しております。

今回は、一部ですがどんなメガネがあるのかご紹介していきます。

スポーツをするお子様も多く、
そこに普段の眼鏡を掛けていくのは
 ボールや人が眼鏡に当たり、
 眼が傷付く可能性もありとても危険です。

そこで!

サッカーやバスケットボールなど、激しい動きをするときに
 オススメで、様々なスポーツでも活躍する
“子どもスポーツ用眼鏡”

裸眼では中々スポーツができないお子様にオススメのスポーツ眼鏡です。
もちろん、度無しで目の保護としてもオススメ☆

[omodok(オモドック)]

こども達が喜んでかけてくれるメガネ
快適なかけごこちと、壊れにくい安全な作り
細部いまでこだわった、上質な日本製アイウェア。

丈夫さを追求したオリジナル仕様のノーズや
適度な弾力を生み、抑揚を効かせるため
ステンレス芯を用いたテンプル(耳に掛けるところ)が
フィット感がよく、さらに型崩れしにくいつくりになっています。

デザインだけでなく、機能性も兼ね揃えていますので長くご安心して掛けていただけます。

[Anne et Valentin(アンバレンタイン)]

ポップで、見た目以上にチャレンジしてみると誰にでも掛けやすいデザインの

セルフレームシリーズ。

人と同じは、、、という方。
そして個性を楽しみたいキッズにオススメです。

〔BCPC(ベセペセ)]

味気のない視力矯正の道具としてのデザインではなく、ファッションのスパイスになるように、
また、あるだけで生活が「こころよい」「楽しく」なるように、着替える、楽しむことを
 コンセプトとしたブランドです。

メガネを掛けることをネガティブにとらえず

大人っぽいおしゃれな眼鏡を掛けたい!


子供らしいデザインでは物足りない!
というお子様のお悩みを解決するクラシカルなフレームです!

[TOMATO GLASSES (トマトグラッシーズ)

お子様の斜視や遠視など同じ悩みを持つ親御さんの想いと経験から
開発された子どもメガネ。

色鮮やかなメガネたちがたっくさん!!
安全性・機能性・デザイン性など多くのこだわりがつまったメガネです。


これだ!!という眼鏡がみつかること間違いなしです。

このほかにもたくさんのお子様に楽しんでメガネをお選びいただける、
とっても素敵な空間となっております!

是非、ご家族様揃ってのご来店をお待ち申し上げます。

弱視、斜視等の治療用メガネ各眼科の処方箋承ります。

お見積もりご相談は無料です。

お気軽にご相談ください。

店内換気や消毒などをこまめに行っております。
修理やメンテナンスなどお気軽にご来店くださいませ。

 

 

 

在庫状況等、問い合わせはこちらから

通信販売に関するお問い合わせはこちらから

 

在庫状況等、お問合せはこちらから

熊本県菊池郡菊陽町光の森2-29-5
D-Eye nakahara megane

 

(ディーアイ ナカハラメガネ)
(TEL)   096-340-2505
(OPEN)  10:30~19:30 
(定休日) 水曜日



facebook
▲facebook 始めました。「いいね!」お願いいたします!

instagram
▲Instagram 始めました。フォローお願いいたします

 

 

CATEGORY

D-Eye nakahara megane

〒869-1108
熊本県菊池郡菊陽町光の森2-29-5
TEL. 096-340-2505
営業時間 10:30〜19:00 水曜定休

  • D-Eyeの最新のフェア情報はこちら
  • D-Eyeの3年保証サポート
  • メディア掲載情報
  • CHIZU SELLEC
  • WEB CATALOG
  • LENS & TECHNIQUE D-Eyeで取扱うレンズのご紹介
  • facebook
  • Instagram
  • You Tube
  • LINE